Master of life

life alchemist 天音美保 オフィシャルブログ

ただただ触れていてほしい時がある

f:id:hicetnunc-osteopathy:20170805230521p:plain

 

 

今日は本当に久しぶりにアロマトリートメントを行なった。

問題のあるチャクラに対応する精油
フラワーエッセンスを加えたホホバオイルで

全身をトリーメントする。

目的は身体の調整ではなく心の解放。

なので、以前のような揉みほぐしや強めの圧は加えずに
ただ全身をロングストロークで流していく。

途中、途中ハンズオンヒーリングを加えて調整する。

身体の部分を一つにまとめていくようなトリートメント。

そのために、ショーツもつけないで行う。
ショーツの境目がストロークの邪魔になるから。



今回、このヒーリングトリートメントは
半年間の継続セッションに組み込んだメニューなんだけど

こういうトリートメントがあったらいいなを形にしてみた。

昔、ラヴィングタッチというオイルを使ったヒーリングを受けた時があってね。
もう14年くらい前かな。

当時、身も心もズタボロだった私は
ラヴィングタッチを受けている90分間ずっと泣き続けていました。

あの感覚は今も少しだけ覚えているんだけど

何も言わずにセラピストさんが
ずっと私をトリートメントしていてくれて

もう1人で泣くことはできなくなっていたから
一気に涙が溢れちゃって。

ただただ触れて、
私の存在を受け止めてくれる手が必要だったのだなあと思う。


そんなオイルを使ったヒーリングトリートメントを
最近になって私自身が受けたいなあと思って

それをクライアントさんに受けてもらうことにしました。


自己実現とか変容とか進化とか
そういうのは私の大好物だけど(笑)

その反動で
ただただ触れていてほしい時がある。

何も纏わないでベッドに横たわって
全部誰かの手に委ねたいときがある。

精油の香りに包まれて
身体全部の力を抜きたい。

多分、頑張り屋さんの女性は
私と同じように思っているんじゃないかな。

あとは深く深く傷ついた後ね。

傷口を塞ごうとして
身体ごとぎゅって心を閉ざすから

自分ではもう泣けなくなったりする。

29歳の時の私はまさにこの状態で
もう自分では泣くことができなくなっていた。

ラヴィングタッチのトリートメントの他に
大泣きしたのがエステの仲間と行ったカラオケ。

大晦日だったけ。

柴崎コウの「かたちあるもの」を同僚が歌って
初めて聞いたんだけど

泣いてしまった。

泣きたい時や苦しい時は
私を思い出してくれればいい


もう二度と会うことがないことはわかっていて
でも離れることしかできなかったツライ恋だったからね。

で、一回泣いたらもう止まらなくなって
始発までずっと泣いてた。

もうあんなに苦しい恋は二度とすることはないけれど

すごい頑張って相手のことを忘れようとしていたことは
今も覚えています。

 

 


相手のことは
すっかり忘れてしまいましたが・・・

 

 


ただただ触れて
ただただ静かに
ただただ受け止めて
 

また、メニューになったらお知らせしますね。

ではでは。

 


千代田区・飯田橋・神楽坂
ヒーリング&オステオパシー

hic et nunc-luxus- 

天音美保


いつも応援ありがとうございます。励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ヒーラーへ
にほんブログ村