Master of life

life alchemist 天音美保 オフィシャルブログ

Love is the master key

which opens the gates of happiness

自分を捨てる勇気

f:id:hicetnunc-osteopathy:20170217150057p:plain

 

 

波があるから生命は生まれる

 

こんにちは。

hic et nunc-luxus- 天音です。

先週は3泊4日の沖縄旅行だったんですが
どういうわけか那覇空港に着陸できず成田まで引き返し

翌日の振替の便も午後しか空席がなく
結果19時くらいに沖縄に着。

3泊4日がほぼ1泊2日になるという(涙)
謎すぎる出来事が起きました。

その前後もカオスなことが立て続けに起き
それは東京に戻ってきてからも続き

見事にエネルギーを消耗してしまいました・・・

それこそ、何かの呪いか!!!

と思うくらい一切のタイミングが合わなくなったり
心臓が痛くなるような出来事があったりと

感情にブンブン振り回されそうな自分を
必死に切り離すような作業を繰り返ししておりました。

私にもこういうことってあります。

情報発信をしている多くの人が
良いことしか書かないし

良いことしかないような日常を
公開しています。

私もむやみに今日は凹んだとか
うまくいかなかったというようなことは書きません。

だからきっと
「天音さんは人生がスムーズに流れていいなあ」なんて感じで
思っている人もいると思います。

もちろん人生がスムーズに流れる時もあるけれど
ここ1週間みたいに足踏みすることも当然あります。

当たり前ですよね。

この世界は波動=波の世界です。

波という歪みがあるから
動きという生命が生まれるわけです。

だから人生にも

1年にも
1ヶ月にも
1週間にも
1日の間にも

当然ながら波はある。

私達が持っている感情も波。

それはそれは大きな波で、
その波動は全身に広がり
自分から放たれ自分以外の人にも影響します。

それぐらい大きなエネルギーを生みます。

感情がなければ、
人間は進化しなかったであろうと言われるほど感情の動かす力は大きい。

なので感情は自分でコントロールするのは難しいし
とても厄介なものなのです。

でも感情の渦に巻かれるのは
とても苦しい。

それも必要なことではあるけれど
多くの人がもうそれを経験して知っていますよね。

 

 

自分なんてものはあってないようなもの



何度も経験したことを
これからも繰り返す必要はないと思っています。

その経験から学びとることができれば
繰り返す必要はないです。

でも多くの人が繰り返していますよね。
それはなぜでしょうか?

自分の同じパターンから外れるのには
自分とは違うパターンで生きている人と
接触を多く持つことが有効です。

以前、読んだこの本は
アニメプロデューサーの石井さんが
3年間自分を捨て、ジブリのプロデューサー鈴木敏夫さんの真似をし
それまでの自分のパターンから外れ成長していく姿が描かれています。

自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド-

自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド-

 

 

「3年間、自分を捨ててオレの真似だけしてろ!
どうしても真似できなかったところが君の個性だから」

アニメプロデューサー・石井朋彦。その真摯な仕事の根底にある
「自分を捨てる仕事術」とは何か。

「自分のなかには何もない。

何かあるとしたら、それは外、つまり他人のなかである」という真実を、
強い筆力で伝える1冊。
スタジオジブリの名プロデューサー鈴木敏夫が若き著者に教えた、会話術、文章術、人身掌握術、トラブル対応ほか、具体的方法論のすべて。


自分が自分と考えている自分は
実は親や兄弟、これまで関わってきた多くの人の影響で作られた
自分でしか過ぎないのかもしれません。

いや、多分自分なんてものはあってないようなものです。

本当に変わろうと思ったら
自分を捨てるぐらいしか変わる術はないのだと思うのです。

でもそれはとても苦しい行為です。

うまくいかない自分というのも
いつもネガティブに傾いてしまう自分というのも
長年親しんできた自分です。

その自分を捨てるのはとても勇気のいること。

でも自分を捨てないと実は見えてこない部分があるのです。


この本にも書いてあるんですが
自分を捨てるということは

「自分を捨て、他人を『真似』する」ことが、
揺らぎない「核」=「持って生まれた本来の自分」を獲得し直す手段

なのです。

 

まずは小さな選択を変えることから始める



自分の中に答えはある。

私もそう思います。

でも思い込みで作られた「自分は自分」でその答えは埋もれている場合が多い。

だから他人を真似て、「自分は自分」という思い込みを捨てていく。
そうすると見えてくる答えがある。

出会ったことのない自分に出会える。

自分を捨てることは頭では理解できないかもしれません。

自分を捨てるということは
選択を変えるということです。

今までの自分だったらしない選択をしてみる。

小さなことからチャレンジしてみてくださいね。

勇気を持って!


ではでは。



お知らせ ーーーーーーーーーーーー

以前からご要望頂いていたトークセッションを
6月からスタートします。

遠方の方もスカイプ、ライン電話で受けることのできる
セッションです。

楽しみにしていてくださいね。