Master of life

life alchemist 天音美保 オフィシャルブログ

「あんな鳥になれたらどんなに幸せだろう」みにくいアヒルの子、空を舞う③

f:id:hicetnunc-osteopathy:20170812003537p:plain

 

「こくこく、すうすう、りかりか、しゃしゃ」
「こくこく、すうすう、りかりか、しゃしゃ」
「こくこく、すうすう、りかりか、しゃしゃ」
「こくこく、すうすう、りかりか、しゃしゃ」・・・


次の日の時間割を揃えるのに
「こくこく、すうすう、りかりか、しゃしゃ」を口ずさみながら
ランドセルに教科書を出したりしまったりを何十回と繰り返す。


何度みたって同じ教科書なのに
何十回と確認しないと不安で仕方ないのだ。

小学校は私にとって恐怖でしかなった。
小学校に入る前の1年間、私は幼稚園にも保育園にも行っていない。

自分の家にいるか
近所の人の家に預けられているかで

小学校に必要な
基本的な集団生活のルールが全くわからないままの入学だった。

与えられたロッカーに荷物を入れるとか
名前の書いてある下駄箱を探すとか
給食室に給食を取りにいくとか

そんななんともないことも恐怖でしかなかった。

いつもビクビクしてたし
ちょっとしたことでもすぐ泣くから
もちろん友達なんてできっこない。

初めての遠足の日は
雲ひとつない青空なのに

ランドセルとリュックサックを背負って
長靴を履いて行った。

どう考えても遠足は決行される天気。

もちろん親は止めたけど
私は大泣きしてランドセルも背負って学校に向かった。

不安障害がひどいときは
寝る時間を20時と決めたら20時に眠れないとそこから大泣きしてた。

朝も同じで7時に起きると決めて7時5分に目が覚めると
狂ったように泣いてた。

「遅刻する!!!!もう学校に間に合わない!!!」って叫びながら。

これが一体いつなくなったのかはよく覚えていない。

小学校の記憶はもうほとんど残っていなくて
断片的にしか思い出せない。

記憶って

悪い記憶と良い記憶のどちらもあっての記憶だから
悪い記憶に蓋しちゃうと
良い記憶も蓋されちゃうのかもしれないね。

小学校1年生の自分を大人になった自分から見て
これは辛かっただろうなあって思うのは

父の日に向けてお父さんの絵を描くという図工の授業だった。

私には父親がいないし、祖父もいない。
だからそんなものを書けるわけがない。

お父さんがいない人は変わりに〇〇を描いてください
なんて担任からのフォローもなく

私は一時間机にずっと突っ伏して泣き続けた。

いわゆる普通の家庭環境ではない自分にとって
学校は牢獄と同じ。

父親はいないし
母親は水商売。

小学生が話すことなんて
家庭という小さな世界のことがほとんど。

当時は両親がいる子が普通で
母子家庭なんて私ぐらいだった。

だから同級生に
「美保ちゃんのお母さんは何のお仕事してるの?」
なんて聞かれても答えられるわけもなく

いつも黙って一人でいるしかなかった。

小学校2年生になって
担任が変わってから少しずつ不安障害も収まってきた。

ありがたいことに私は運動神経が良かった(当時は)。

女子の中ではダントツ足が速かったもんだから
そこからちょっとずつ皆の見る目も変わってきたんだろう。

文章や絵を書くのも得意だった。

得意なものが自分の中に見つかって
それが授業中にできたり、評価されたりするのは嬉しくて

相変わらず友達はいないけれど
学校は恐怖ではなくなっていた。

学校生活に馴染んできたものの
それと反比例するように家庭環境はさらに悪くなっていた。


hicetnunc-luxus.hatenablog.com



いつも応援ありがとうございます。励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ヒーラーへ
にほんブログ村

 

メールレターの登録はこちらから

hic et nunc-luxus-メルレター

 

飯田橋・神楽坂 ヒーリング/オステオパシー
hic et nunc-luxus- 

天音美保

  



ただただ触れていてほしい時がある

f:id:hicetnunc-osteopathy:20170805230521p:plain

 

 

今日は本当に久しぶりにアロマトリートメントを行なった。

問題のあるチャクラに対応する精油
フラワーエッセンスを加えたホホバオイルで

全身をトリーメントする。

目的は身体の調整ではなく心の解放。

なので、以前のような揉みほぐしや強めの圧は加えずに
ただ全身をロングストロークで流していく。

途中、途中ハンズオンヒーリングを加えて調整する。

身体の部分を一つにまとめていくようなトリートメント。

そのために、ショーツもつけないで行う。
ショーツの境目がストロークの邪魔になるから。



今回、このヒーリングトリートメントは
半年間の継続セッションに組み込んだメニューなんだけど

こういうトリートメントがあったらいいなを形にしてみた。

昔、ラヴィングタッチというオイルを使ったヒーリングを受けた時があってね。
もう14年くらい前かな。

当時、身も心もズタボロだった私は
ラヴィングタッチを受けている90分間ずっと泣き続けていました。

あの感覚は今も少しだけ覚えているんだけど

何も言わずにセラピストさんが
ずっと私をトリートメントしていてくれて

もう1人で泣くことはできなくなっていたから
一気に涙が溢れちゃって。

ただただ触れて、
私の存在を受け止めてくれる手が必要だったのだなあと思う。


そんなオイルを使ったヒーリングトリートメントを
最近になって私自身が受けたいなあと思って

それをクライアントさんに受けてもらうことにしました。


自己実現とか変容とか進化とか
そういうのは私の大好物だけど(笑)

その反動で
ただただ触れていてほしい時がある。

何も纏わないでベッドに横たわって
全部誰かの手に委ねたいときがある。

精油の香りに包まれて
身体全部の力を抜きたい。

多分、頑張り屋さんの女性は
私と同じように思っているんじゃないかな。

あとは深く深く傷ついた後ね。

傷口を塞ごうとして
身体ごとぎゅって心を閉ざすから

自分ではもう泣けなくなったりする。

29歳の時の私はまさにこの状態で
もう自分では泣くことができなくなっていた。

ラヴィングタッチのトリートメントの他に
大泣きしたのがエステの仲間と行ったカラオケ。

大晦日だったけ。

柴崎コウの「かたちあるもの」を同僚が歌って
初めて聞いたんだけど

泣いてしまった。

泣きたい時や苦しい時は
私を思い出してくれればいい


もう二度と会うことがないことはわかっていて
でも離れることしかできなかったツライ恋だったからね。

で、一回泣いたらもう止まらなくなって
始発までずっと泣いてた。

もうあんなに苦しい恋は二度とすることはないけれど

すごい頑張って相手のことを忘れようとしていたことは
今も覚えています。

 

 


相手のことは
すっかり忘れてしまいましたが・・・

 

 


ただただ触れて
ただただ静かに
ただただ受け止めて
 

また、メニューになったらお知らせしますね。

ではでは。

 


千代田区・飯田橋・神楽坂
ヒーリング&オステオパシー

hic et nunc-luxus- 

天音美保


いつも応援ありがとうございます。励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ヒーラーへ
にほんブログ村

8000文字の書中お見舞い申し上げます

天音です。

8月20日に主人の原澤と一緒に
夏の特別なイベントをします。

もうここ何年も
こういったセールスレター的なものは書いてなかったんですが

なかなかいいのが書けたなと思っています。

イベントに参加するしないは関係なく
自分の人生にくすぶってる人は目を通してみてください。

http://arvoi.com/Reincarnation2017.pdf

 

http://arvoi.com/Reincarnation2017.pdf

こんな風に放った想いは誰の元へ届くのか。


8月、9月、10月とイベントや告知が多くなります。
どうぞ楽しみにしていてくださいね。

ではでは。

 

天音美保 

近況報告と先行告知

 

f:id:hicetnunc-osteopathy:20170722003837j:plain

 

行動範囲が劇的に広くなり、 声の届く距離も限りなく長くなり、 とにかく「動けるようになる」ときです。 一気に忙しくなってきますし、 進めば進むほど、やるべきことが増えていくでしょう。 でもそのことが決して煩わしくは感じられず、 むしろ、進めば進むほど意気軒昂、 勢いが増していくでしょう。

2017/7/24-7/30 射手座の空模様 - 筋トレ週報

 

石井ゆかりさんの筋トレを毎週チェックしている。

2017年のスケジュール帳もゆかりさんのものだ。

星の動きと照らし合わせて行動すると
本当にびっくりするくらいに現実が動く。

今週の筋トレも1ミリもズレがないくらい
ピタッとはまる。

ようやく動けるなというか
一気に忙しくなってきました(苦笑)

でも、その忙しさが面倒な忙しさじゃなくて
1つずつカタをつけていくことでチカラになっていくというか

今までの足かせが1つずつ外れて

実は足かせなんかじゃなくて
宝物だったことに気づいていけるようなそんな忙しさなのです。



7月8日に参加した
美プロフィール撮影会での出来事。

ヒーラーとか
セラピストという枠を決めて活動していることがしんどいと

自分の素直な気持ちを口にしてから
まだ1ヶ月足らずなのに現実がどんどん変わっていく。

hicetnunc-ost.hatenablog.com


言葉にするって大事だね。

ブログでもなんでも
言葉にして自分から発したことはほとんどが現実になる。

言葉というか
自分が放ったエネルギーが形になって現実になる。

現実化に思い込みは欠かせない要素だけど
放つことはもっと大事。

私の現実が加速して変化してるのも
こうやって想いを言葉にしてるからだろう。



このブログはサロンのブログにしようと思ったんだけど
これまたサロンという枠も狭くなってきちゃって(汗)

ジャンルレスで書いていくことにしました。

まだいろんなことが準備段階で
鉛筆で下書きしているような状態だけど

ここから重ねて重ねて
いろんな色を重ねて

世界でたった1枚の絵を書いていこうと思う。



と夜中の近況報告でした

 

アンド

 

10月22日にライブで歌います。

もう叶うことはないと思って
忘れたふりをしていた夢が

叶うことになりました。

この夢ももう一歩踏み出して
私が一生に一度の夢として

とある京都のお寺さんに託した夢として

叶うといいなあなんて
贅沢すぎることも考えています。

ライブをやるからには全力でやろうと思っていて
今月からせっせとボイトレの指導も受けることにしました。

ヒーラーという枠にも
セラピストという枠にも囚われず

ライフアルケミストという存在でありたいと思う。

でもオステオパシーの勉強は一生続けていくし
ヒーリングも伝えていきます。

何かをやめるんだとしたら
自分に鎖をつけることかな。

射手座だから、
遠くへ遠くへ行きたくなるし
深く深く潜りたくなるんです。
きっと。

そんなわけでブログ読んでる人だけの
先行告知でした。

ではでは、また書きますね。

いつも読んでくれてありがとう。
応援してくれてありがとう。

ほんと、ありがとう。

おやすみなさい。

千代田区・飯田橋・神楽坂
ヒーリング&オステオパシー

hic et nunc-luxus- 

天音美保


健康・富・愛 3つのluxusを手に入れる
hic et nunc-luxus-の公式メルマガの登録はこちらから

hic et nunc 公式メルマガ登録フォーム

 

いつも応援ありがとうございます。励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ヒーラーへ
にほんブログ村

 

「あんな鳥になれたらどんなに幸せだろう」みにくいアヒルの子、空を舞う②

f:id:hicetnunc-osteopathy:20170704235814p:plain

 

「雨が少し降ってきたようです。傘をご用意しましょうか?」

台風が近づいてきた今日の夕方、

施術の仕事が終わり
小腹が空いたのでマンションの近くのスーパーに行こうと
1階のマンションの入り口に向かうと

コンシェルジュの方に声をかけられた。

いま住んでいるマンションは24時間コンシェルジュの方がいて

 

出かけるときは

「行ってらっしゃいませ」


帰って来たときは

「お帰りなさいませ」と声をかけてくれる。

傘まで用意してくれるなんて驚いた。

人に親切にしてもらったり
大切にしてもらうことには今だに慣れなくて

少し戸惑う。

そして、仕事であってもそんな風に声をかけてくださるなんて
本当にありがたいなと思う。

せっかく声をかけてもらったのに

なんだか傘を借りるのが照れ臭くて
今日は傘を借りずに外へ出て行った。

今度はありがとうございますと傘を借りてみようと思う。

 

 

自分のことを書くとき
正直なところ色々なことがありすぎて

何から書いていいのかわからなくなる。

下手すれば不幸自慢になり兼ねない。

まあ、実際不幸と言えば不幸なのかもしれないけれど
人が経験できないような貴重な経験をしてきたとも言える。

みにくいアヒルの子経験も誰もができる経験ではない。

そう考えるとどんな経験もその人だけができる貴重な経験。

私の歩んできた人生が誰かの役に立てばいいと思うし
もしも今、暗闇を歩いている人がいるのならば
足元を照らすような、小さな明かりになればいいと思う。

最近は20代のクライアントさんも増えてきたこともあり
少し人生の先を歩く40代の大人が語ることで

自分の未来に希望を持ってくれたらいいなと思う。

私の過去は十字架みたいなものだったけど
ちゃんと意味があって

今は背負った十字架の重みが筋トレ効果を発揮して
随分とたくましく生きれるようになったなと思う。

図太くなった(笑)

図太くなったけど、いつもどこか切なくて
多分この切なさは一生消えないのだろう。

それはいわゆるインナーチャイルドと言われる小さな私が
いつも一緒にいるからなのかもしれない。

私はこの子を安全で安心な場所に連れて行ってあげることが
自分に対しての責任だとも思っています。

安全とか安心とはいつもかけ離れた場所で育ってしまったからね。

小さな私にはそういうものが足りなくて
実際、どこにそういうものを求めていいのかが未だに私にはわかりません。

だから自分でそういう場所を作っていくしかないなと思っています。

この価値観も離婚したりなんなりして
結局人は一人だし孤独から抜け出すことができないことがわかったから。

だからと言ってそれが寂しいわけでもない。

まあ、そんな価値観もどうやって生まれたのかが
このブログを読んでもらうことで伝わると思う。


こちら、前回のブログです。

hicetnunc-luxus.hatenablog.com

 

私が生まれたのは寒い冬の日でした。

6歳の兄、3歳の姉、そして私。

私が生まれたとき、
もう家は貧乏すぎて退院するお金もなかったのだそう。

入院中に母親の母乳が出なくて、でもミルクを買うお金もなくて
仕方なく私は同室の知らないお母さんの母乳をもらっていた。

2歳の時に両親が離婚。

私の記憶があるのは多分4歳くらいの時から。
引越し先のアパートに私と姉と母親。

あとお父さんじゃない男の人がいた。

たまに居たり居なかったりする
とても怖いおじさんだった。

おじさんは泣き虫な私が嫌いだったみたいで
泣いた私を外に追い出した。

おじさんはやがて妹のお父さんになるのだけど
私の父親にはならなかった。

なぜかと言うとおじさんには妻子があったから。

だからおじさんは居たり居なかったりした。

その後、川崎のアパートから横浜の市営住宅に引越しをした。

家賃8000円のボロボロの市営住宅
木枠の窓に薄いガラス。

この頃からの記憶ははっきりと覚えている。
思い出すと嫌な記憶ばかりだ。

私が5歳の時に母がおじさんの子供を妊娠した。

子供すぎてなんだかよくわからなかったけれど
お母さんのお腹が大きくなっていた。

おじさんと母親はよくケンカをして居た。

その日も大きな怒鳴り声をあげながらケンカをして居た。

子供が聞いてもわかる内容じゃないけれど
明らかにその日はいつもとは様子がおかしくて
私は隣の部屋で布団にくるまって震えて居た。

大きな怒鳴り声が一瞬止んだ時に
大きな物音がした。

ゴロゴロと大きな音を立てて何かが階段を転げ落ちた。
そのあとガシャンとガラスの割れる音がした。

私は大きな地震が来たのかと思って
布団の中で神様にお祈りした。

怖くて怖くて、布団から外に出れなかったのだ。

おじさんは酔っ払って居たし
明らかにいつもと様子が違ったから。

朝起きて、布団から出て階段を降りようとしたとき異変に気がついた。

階段の上に置いてあった仏壇が階段の下に転げ落ちて居た。
これが昨日の大きな音の正体だった。

階段から降りると母の姿があった。
テーブルには割れたウィスキーのボトルと誰かの血の跡があった。

母は泣いていた。
母は泣きながら話した。

「おじさんに階段から突き落とされそうになって
仏壇にぶつかって仏壇が落ちて命拾いした。」

おじさんは怖い人だった。
でも怖いだけでは済まなかった。

狂ってた。

母と妹がおじさんに階段から突き落とされて亡くなっていたら
私と姉は施設に預けられていただろう。

そんな狂ったおじさんと母は妹が産まれたあと別れた。

そんなおじさんでも妹にとっては父親だし
もう10年以上前に亡くなってしまったから恨んだりはしていない。

ただ、そんな状態で私の精神状態は良いわけがなく
小学校に入学した後に

強迫性障害を発症した。



hic et nunc-luxus- 

天音美保


健康・富・愛 3つのluxusを手に入れる
hic et nunc-luxus-の公式メルマガの登録はこちらから

hic et nunc 公式メルマガ登録フォーム

 

いつも応援ありがとうございます。励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ヒーラーへ
にほんブログ村


こちらも読んでね

hicetnunc-ost.hatenablog.com

 

「あんな鳥になれたらどんなに幸せだろう」みにくいアヒルの子、空を舞う①

f:id:hicetnunc-osteopathy:20170611081354p:plain


たった3年前の春。

大きなカバンにタオルやオイルを詰め込んで
出張トリートメントをしていた。

場所は横浜の黄金町。

当時はセラピストと掛け持ちしていたバイト先が倒産したばかり。

引き続きバイトを掛け持ちするか
セラピストの仕事を一本にするのか悩んで

後者の選択をしたばかりだった。

当然、セラピストの仕事を一本にすることを決めたからといって
仕事が増えるわけでもなく

ブログを書いたり、チラシを配ったりしたけれど
奇跡みたいなことは起こるわけもなく

自分の知り合いに声をかけて
アロマトリートメントを必要としている人を紹介してもらっていた。

黄金町の仕事を紹介してくれたのは
別れたダンナさん。

黄金町で彼を知らない人はいないというくらい
あちこちの韓国バー?に顔を出していたようで

ママさんやちいママを紹介してくれた。

そのママさんが
韓国から出稼ぎに来ている女の子たちを紹介してくれた。

夜のお店に出勤前の女の子たち。
私よりもずっと若くて10代の子もいた。

ママが借りているマンションに
7、8人の女の子たちが共同で生活しているんだけど

1日に3箇所くらい別のマンションを回って
トリートメントを希望する女の子達に施術をした。

ママ達は黄金町のタワマンに住んでいて
トリートメントに行くとチゲを作ってくれて一緒にご飯を食べたりもした。

異文化というか
異世界というか。

裏世界。

charaが出演していた映画「スワロウテイル」の世界の中に
自分がいるような感じだった。





みにくいアヒルの子というグリム童話を知らない人はいないだろう。

ヒルの巣の中でタマゴから生まれた黄色いヒナの中に
1匹だけ生まれた体の大きなみにくいヒナ。

一緒に生まれた可愛いヒナとは違い
みにくいアヒルの子はどこへ行ってもいじめられ

やがてアヒルの母親にも見放され
みんなの前から姿を消しました。

厳しい寒さの冬を耐え暖かい春が来る頃
みにくいアヒルの子の羽は生え変わり
湖には真っ白い白鳥の姿がうつっていました。

みにくいアヒルの子は自分は美しい白鳥だったことに気がつき
青い空へと羽ばたいて行く。




3年前には考えられなかった今を生きている私。

私は生まれも育ちも良くないし
良くないというか底辺に近い。

父親もいないし
6畳一間に家族5人で住んでいたような貧しい家に生まれた。

私を産んでから母親はキャバレーで働き
乳児園やら託児所に預けられて私は育った。

そんなんだから
ずっと自分はみにくいアヒルの子だと思い込んでいた。

でもどこかでずっと夢を見ていた。

自分にはもっと別の未来があるんじゃないかって。
今の自分は仮の姿で本当の自分の姿があるんじゃないかって。

みにくいアヒルの子
空を羽ばたく白鳥を見ながら

「あんな鳥になれたらどんなに幸せだろう」

と思ったように
私もずっと自分ではない何者かに憧れていた。

 
私が表現をするならば後者は無理。
明らかに前者だ。

だから、自己紹介も兼ねて
みにくいアヒルの子が羽ばたいたのかを書いてみようと思う。


 

hic et nunc-luxus- 

天音美保

 


健康・富・愛 3つのluxusを手に入れる
hic et nunc-luxus-の公式メルマガの登録はこちらから

hic et nunc 公式メルマガ登録フォーム

 

いつも応援ありがとうございます。励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ヒーラーへ
にほんブログ村

自分を捨てる勇気

f:id:hicetnunc-osteopathy:20170217150057p:plain

 

 

波があるから生命は生まれる

 

こんにちは。

hic et nunc-luxus- 天音です。

先週は3泊4日の沖縄旅行だったんですが
どういうわけか那覇空港に着陸できず成田まで引き返し

翌日の振替の便も午後しか空席がなく
結果19時くらいに沖縄に着。

3泊4日がほぼ1泊2日になるという(涙)
謎すぎる出来事が起きました。

その前後もカオスなことが立て続けに起き
それは東京に戻ってきてからも続き

見事にエネルギーを消耗してしまいました・・・

それこそ、何かの呪いか!!!

と思うくらい一切のタイミングが合わなくなったり
心臓が痛くなるような出来事があったりと

感情にブンブン振り回されそうな自分を
必死に切り離すような作業を繰り返ししておりました。

私にもこういうことってあります。

情報発信をしている多くの人が
良いことしか書かないし

良いことしかないような日常を
公開しています。

私もむやみに今日は凹んだとか
うまくいかなかったというようなことは書きません。

だからきっと
「天音さんは人生がスムーズに流れていいなあ」なんて感じで
思っている人もいると思います。

もちろん人生がスムーズに流れる時もあるけれど
ここ1週間みたいに足踏みすることも当然あります。

当たり前ですよね。

この世界は波動=波の世界です。

波という歪みがあるから
動きという生命が生まれるわけです。

だから人生にも

1年にも
1ヶ月にも
1週間にも
1日の間にも

当然ながら波はある。

私達が持っている感情も波。

それはそれは大きな波で、
その波動は全身に広がり
自分から放たれ自分以外の人にも影響します。

それぐらい大きなエネルギーを生みます。

感情がなければ、
人間は進化しなかったであろうと言われるほど感情の動かす力は大きい。

なので感情は自分でコントロールするのは難しいし
とても厄介なものなのです。

でも感情の渦に巻かれるのは
とても苦しい。

それも必要なことではあるけれど
多くの人がもうそれを経験して知っていますよね。

 

 

自分なんてものはあってないようなもの



何度も経験したことを
これからも繰り返す必要はないと思っています。

その経験から学びとることができれば
繰り返す必要はないです。

でも多くの人が繰り返していますよね。
それはなぜでしょうか?

自分の同じパターンから外れるのには
自分とは違うパターンで生きている人と
接触を多く持つことが有効です。

以前、読んだこの本は
アニメプロデューサーの石井さんが
3年間自分を捨て、ジブリのプロデューサー鈴木敏夫さんの真似をし
それまでの自分のパターンから外れ成長していく姿が描かれています。

自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド-

自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド-

 

 

「3年間、自分を捨ててオレの真似だけしてろ!
どうしても真似できなかったところが君の個性だから」

アニメプロデューサー・石井朋彦。その真摯な仕事の根底にある
「自分を捨てる仕事術」とは何か。

「自分のなかには何もない。

何かあるとしたら、それは外、つまり他人のなかである」という真実を、
強い筆力で伝える1冊。
スタジオジブリの名プロデューサー鈴木敏夫が若き著者に教えた、会話術、文章術、人身掌握術、トラブル対応ほか、具体的方法論のすべて。


自分が自分と考えている自分は
実は親や兄弟、これまで関わってきた多くの人の影響で作られた
自分でしか過ぎないのかもしれません。

いや、多分自分なんてものはあってないようなものです。

本当に変わろうと思ったら
自分を捨てるぐらいしか変わる術はないのだと思うのです。

でもそれはとても苦しい行為です。

うまくいかない自分というのも
いつもネガティブに傾いてしまう自分というのも
長年親しんできた自分です。

その自分を捨てるのはとても勇気のいること。

でも自分を捨てないと実は見えてこない部分があるのです。


この本にも書いてあるんですが
自分を捨てるということは

「自分を捨て、他人を『真似』する」ことが、
揺らぎない「核」=「持って生まれた本来の自分」を獲得し直す手段

なのです。

 

まずは小さな選択を変えることから始める



自分の中に答えはある。

私もそう思います。

でも思い込みで作られた「自分は自分」でその答えは埋もれている場合が多い。

だから他人を真似て、「自分は自分」という思い込みを捨てていく。
そうすると見えてくる答えがある。

出会ったことのない自分に出会える。

自分を捨てることは頭では理解できないかもしれません。

自分を捨てるということは
選択を変えるということです。

今までの自分だったらしない選択をしてみる。

小さなことからチャレンジしてみてくださいね。

勇気を持って!


ではでは。



お知らせ ーーーーーーーーーーーー

以前からご要望頂いていたトークセッションを
6月からスタートします。

遠方の方もスカイプ、ライン電話で受けることのできる
セッションです。

楽しみにしていてくださいね。